金融小説

金融小説

小説 真山仁

池井戸潤小説へ   HOME > 金融小説 > 真山仁

【楽天ブックスなら送料無料】ハゲタカ(上)新装版 [ 真山仁 ] 864円

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 不良債権を抱え瀕死状態にある企業の株や債券を買い叩き、手中に収めた企業を再生し莫大な利益をあげる、それがバルチャー(ハゲタカ)・ビジネスだ。ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津政彦は、不景気に苦しむ日本に舞い戻り、強烈な妨害や反発を受けながらも、次々と企業買収の成果を上げていった。

【送料無料】ハゲタカ(下)新装版 [ 真山仁 ] 810円

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 大胆な再生プランを指示し快進撃を続ける鷲津政彦は、ある地銀の破綻をめぐり、老舗ホテルオーナーの娘で経営を引き継いだ松平貴子、友人のスーパーを再生した元銀行員の芝野健夫と接触を持つ。しだいに明らかになる、ある過去の事件と鷲津をつなぐ糸。ニューヨークから日本に戻った鷲津の真意がついに牙をむく。

【送料無料】ハゲタカ(2 上)新装版 [ 真山仁 ] 745円

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 1年ぶりに海外放浪から帰国した鷲津政彦は、腹心の部下アランの不可解な死を知らされる。鷲津はアランが追いかけていた繊維業界の老舗・鈴紡を買収の標的に定めた。一方、鈴紡は元銀行員の芝野健夫を招聘し防衛と再生を図る。その裏に、芝野の元上司でUTB銀行頭取、飯島の思惑が潜んでいた。熾烈な闘いの勝者は?

【送料無料】ハゲタカ(2 下)新装版 [ 真山仁 ] 810円

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 鷲津が鈴紡の次に狙いを定めたのは巨大電機メーカー・曙電機だった。長びく迷走から抜け出せない曙電機は、再生への切り札として芝野を迎え入れる。再び相まみえる宿敵。さらにアメリカの強大な軍産ファンドも買収に参入し、事態は混沌としていく。「会社は誰のものか」。壮絶な企業買収劇を圧倒的なスケールで描く。

【送料無料】レッドゾーン(上) [ 真山仁 ] 782円

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 莫大な外貨準備高を元手に、中国が国家ファンド(CIC)を立ち上げた。若き買収王・賀一華は日本最大の自動車メーカー・アカマ自動車を標的にする。さらに鷲津政彦を誘い出す。「一緒に日本を買い叩きませんか」。日本に絶望した男はどう動くのか。産業界の中枢に狙いをつけた史上最大の買収劇が始まった。

【送料無料】レッドゾーン(下) [ 真山仁 ] 782円

【内容情報】(「BOOK」データベースより) 賀一華を先鋒に、次々と仕掛けられる買収策。繰り出される揺さぶりに翻弄され、追いつめられたアカマ自動車は、最後の手段として、ハゲタカ・鷲津が「白馬の騎士」になることを求めた。圧倒的な資金力を誇る中国に乗るか、旧態依然とした日本を守るのか、鷲津が繰り出した一手とは?大人気シリーズ第3作。

真山 仁

新堂 冬樹

真山 仁(まやま じん、1962年 - )は、日本の小説家。経済小説 『ハゲタカ』シリーズの著者として知られる。