金融書籍

金融書籍

金融関係の書籍の紹介です

金融小説へ   HOME>

金融関係の書籍

年金を貰えるのか不安になってはいませんか?
これから貴方も投資家のしての第一歩を歩んでみませんか?
かといってなにも考えずに資産運用をしてしまうと失敗してしまいます。
なので正しい知識を身につけるために本を読んで勉強をしてから資産運用を始めましょう!

今の時代、若い世代にチャンスがない!それなら自分で考えなくてはチャンスは来ない!
それでは何がチャンスなのか!投資ですみないな感じで見てもらえたら幸いです。

消費者金融

消費者金融(しょうひしゃきんゆう)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。

消費者金融書籍を確認する

株式投資

株式(かぶしき)とは、株式会社における社員権のことである。持分会社における社員権である持分は、各社員の出資額などに応じて不均一な形態をとり得るのに対して、株式は、種類ごとに均一に細分化された割合的な構成単位をとる点に特徴がある。

株式書籍を確認する

FX

外国為替(がいこくかわせ)とは、通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法をいう。外国為替の取引では、必然的に「自国通貨と外国通貨とを交換する」こととなり、その交換比率、すなわち外国為替相場が成立することになる。

FX書籍を確認する

経済学

経済(けいざい)とは、社会が生産活動を調整するシステム、あるいはその生産活動を指す。生活に必要な物やサービスは需要と供給の上に成り立っており、それらの消費のために生産が必要となる。社会が生育し近代化する過程において、自給自足から生活に必要な物やサービスを交換し合うシステムが構築されることでさらに豊かになって行った。この交換を潤滑にするものが金である。

経済学書籍を確認する

書籍

書籍

書籍(しょせき|しょじゃく)とは木、竹、絹布、紙等の軟質な素材に、文字、記号、図画等を筆写、印刷し、糸、糊等で装丁・製本したもの。図書、本、書物、Book、モノグラフと同義語である。 電磁的またはレーザー光等により記録した情報や、ネットワークで流通させた情報は電子書籍という。 また、本の流通形態による分類として、雑誌と対比されて使われているらしい。

電子書籍(でんししょせき)とは、紙とインクを利用した印刷物ではなく、電磁的に記録された情報のうち、従来の書籍(雑誌を含む)を置き換える目的で作成されたコンテンツをいう。そのため目次、ページ送り、しおり、奥付など書籍としての体裁を整えたものが多い。再生には電子機器のディスプレイのほか、スピーカーが必要な場合もある。電子書籍はソフトウェアであるコンテンツだけを指すが、ハードウェアである再生用の端末機器(電子ブックリーダー)も重要な要素である。電子ブック、デジタル書籍、デジタルブック、Eブック、オンライン書籍とも呼ばれるそうだ。

為替チャート

為替レート(かわせレート、英: Exchange Rate)とは、通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)である。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。市場で決定されたレートをMER(Market Exchange Rate) と呼ぶ。

円相場(えんそうば)は円に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。通常は外貨1単位に相当する円貨額で表示する(通貨や市場によっては別の慣行もある)特に、米ドルやユーロとの比較によって示され、その中でも、米ドルに対する円の相対価値を示すことがある。国際市場において、日本の通貨である円の相対的価値が過去のレートや政治の目的など、何らかの意味で基準とみなされる水準よりも高い状態を円高、逆に、低い水準であるとき円安という。分かりやすくいえば、今まで1ドル80円だったが、1ドル75円になった場合には円高になっている。つまり、より少額の円で1ドルと交換できるようになる訳である、同じ円貨額でより多くのドルを買えるようになったと考えると、通貨価値が上がったということが理解されやすい。

DMM.com証券

DMM.com証券 DMM.com証券

取引高世界第2位!2013年 第1四半期取引高
※フォレックス・マグネイト社「2013年第1四半期調査報告書」
初めてFXを始める方へ DMM FXで安心お取引き
■取引手数料いつでも0円!断然お得!(クイック入金のみ無料)
■抜群の操作性!使いやすいオリジナル取引ツール!
■業界最狭水準のスプレッドを提供!
■『全額信託保全』安心・安全!
■平日24時間電話サポート

外出先からも簡単操作で充実機能!~持ち歩くカタチ~

JFX|マトリックストレーダー

JFX|マトリックストレーダー JFX|マトリックストレーダー

FX・外国為替証拠金取引を始めてみたい方、JFXなら最短2日で口座開設が完了!24時間リアルタイムレートでFX取引、為替相場ニュース・外為セミナーなどFX情報も充実。次世代システム、MATRIX TRADER(マトリックストレーダー)で取引開始!

金融理論

金融理論

金融理論とは、経済学の一分野で、資金(貨幣)の概念、時間の概念、リスクの考え方やそれらの相互関係を解明するものである。20世紀以降急速に発達した分野で、金融として論じている。 現金と現金以外の資産についての研究 経営及び資産の有効活用 事業計画についての有利性の判定 余資運用の科学的分析 金融派生商品、為替の市場分析 小口の企業債権や個人のカーリース債権やマイホームローン債権のファンディング 金融理論は経済学の中でも非常に実践的分野(とりわけコーポレートファイナンスやデリバティブズ、資本市場分析など)を含むことから、金融の基礎的な概念の把握を通り越して企業金融の一部としての資金調達理論やその中の信用リスク測定、財務格付理論などに注目されがちだが、本来はマクロ的には家計、企業、政府、国外市場の相互間における資金の有効需給を目的としたものであり、ミクロ的には個人の生涯の貯蓄や投資、ローン、保険の利用の効率化、企業の資金調達、運用の効率化のための科学領域である。 学問分野としてのファイナンス理論は、新しい学問であり、経済学、数学、工学にまたがる学際分野としても位置づけることもできる。なかでも数理的側面や工学的側面の強いものは金融工学と呼ばれる。

マネパカード

マネパカード

・マネパカードは最大5通貨を1枚のカードにチャージできる海外専用プリペイドカードです。
・手数料等のコストはクレジットカードの実質半額以下です。
・カードに残った外貨を円に再度両替するときの手数料相当額も格安です。
・マネパカードは与信審査がないので、16歳以上であれば誰でも申込できます。
・マネパカードは海外専用プリペイドカードです。
・日本円を入金して外貨に両替後、カードにチャージできます。
(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルが対象)
・チャージした外貨は、海外でのショッピングやATMのキャッシングに使用できます。
・上記5通貨以外についても、米ドルがチャージされていれば、米ドル換算で利用できます。
・手数料等のコストはクレジットカードの実質半額以下です。
もちろんほかの海外専用プリペイドカードや外貨両替より大変お得です。
・カードに残った外貨を円に再度両替するときの手数料相当額も格安です。
・ICカード搭載、カードショッピング保険が付与されるので安心です。

個人投資家の為のトレーダーズショップ

個人投資家の為のトレーダーズショップ 個人投資家の為のトレーダーズショップ

投資の世界で活躍するプロは何を読んでいる?
投資のプロが選ぶあなたの投資力を高めるオススメの一冊
オススメの一冊

経済

経済とは、社会が生産活動を調整するシステム、あるいはその生産活動。生活に必要な物やサービスは需要と供給の上に成り立っており、それらの消費のために生産が必要となる。社会が生育し近代化する過程において、自給自足から生活に必要な物やサービスを交換し合うシステムが構築されることでさらに豊かになって行った。この交換を潤滑にするものが金である。近代社会における経済は、物やサービスを生産する企業、物やサービスを消費する消費者である家庭(家計)、公共的サービスを提供する政府の3つに分けられる。以上のような経済を主な対象とする学問として、経済学がある。

アダム・スミス、イギリスの哲学者、倫理学者、経済学者である。スコットランド生まれ。 主著に倫理学書『道徳感情論』1759年と経済学書『国富論』1776年がある。 スミスが生きた18世紀のイギリス社会は政治の民主化、近代西欧科学の普及と技術革新、経済の発展といった啓蒙の世紀であった一方で、格差と貧困、財政難と戦争といった深刻な社会問題を抱えた世紀でもあった。光と闇の両側面を持つ18世紀イギリス社会はアダム・スミスの思想に大きく影響したとされる。

金融書籍その他



金融関係の書籍などのホームページです。お探しの金融書籍は見つかりましたか?みつからなかったらすいません、また紹介する金融書籍を増やしておきますね!

金融書籍次へ ページトップへ

金融書籍

金融書籍 をGoogle Bookmarks に追加