金融書籍

金融書籍

金融関係の書籍の紹介です

金融小説へ   HOME>

金融関係の書籍

年金を貰えるのか不安になってはいませんか?
かといってなにも考えずに資産運用をしてしまうと失敗してしまいます。
なので正しい知識を身につけるために本を読んで勉強をしてから資産運用を始めましょう!

書籍

書籍

書籍(しょせき|しょじゃく)とは木、竹、絹布、紙等の軟質な素材に、文字、記号、図画等を筆写、印刷し、糸、糊等で装丁・製本したもの。図書、本、書物、Book、モノグラフと同義語である。 電磁的またはレーザー光等により記録した情報や、ネットワークで流通させた情報は電子書籍という。 また、本の流通形態による分類として、雑誌と対比されて使われている。

DMM.com証券

DMM.com証券 DMM.com証券

DMM FXは初心者向け DMM.com証券
取引高世界第2位!2013年 第1四半期取引高
※フォレックス・マグネイト社「2013年第1四半期調査報告書」
初めてFXを始める方へ 【DMM FX】で安心お取引き
■取引手数料いつでも0円!断然お得!(クイック入金のみ無料)
■抜群の操作性!使いやすいオリジナル取引ツール!
■業界最狭水準のスプレッドを提供!
■『全額信託保全』安心・安全!
■平日24時間電話サポート

外出先からも簡単操作で充実機能!~持ち歩くカタチ~

金融理論

金融理論

金融理論とは、経済学の一分野で、資金(貨幣)の概念、時間の概念、リスクの考え方やそれらの相互関係を解明するものである。20世紀以降急速に発達した分野で、以下のようなものを「金融」として論じている。 現金と現金以外の資産についての研究 経営及び資産の有効活用 事業計画についての有利性の判定 余資運用の科学的分析 金融派生商品、為替の市場分析 小口の企業債権や個人のカーリース債権やマイホームローン債権のファンディング 金融理論は経済学の中でも非常に実践的分野(とりわけコーポレートファイナンスやデリバティブズ、資本市場分析など)を含むことから、金融の基礎的な概念の把握を通り越して企業金融の一部としての「資金調達理論」やその中の「信用リスク測定」、「財務格付理論」などに注目されがちだが、本来はマクロ的には家計、企業、政府、国外市場の相互間における資金の有効需給を目的としたものであり、ミクロ的には個人の生涯の貯蓄や投資、ローン、保険の利用の効率化、企業の資金調達、運用の効率化のための科学領域である。 学問分野としてのファイナンス理論は、新しい学問であり、経済学、数学、工学にまたがる学際分野としても位置づけることもできる。なかでも数理的側面や工学的側面の強いものは金融工学と呼ばれる。